妊活中に解熱剤は飲んでも大丈夫?

この記事を読むには約3 分かかります。

妊活中に解熱剤は大丈夫?

妊活中の解熱剤

妊活中の女性は解熱剤を服用しても大丈夫?

妊活中に解熱剤は飲んでも問題無いの?

「妊活中に解熱剤を使っても大丈夫?」このような質問を多くいただきます。
妊活中の解熱剤は問題が無いのでしょうか?あなたはどちらだと思いますか?


スポンサードリンク


妊活中の女性は解熱剤を飲んでも大丈夫?

さて妊活中の女性は解熱剤を飲んでも問題は無いのでしょうか?
これは一般的には問題は無いと言われています。

妊活中には万が一、解熱剤を服用するような事になった場合には、健康体に戻すことが最優先ですので、決して無理をしないで医師の診断を受けたり、薬を服用して下さい。
妊活中には健康体でいることが妊娠への近道になりますので、常に健康に気を使っていてもらいたいくらいです。

では、妊活中の女性はどんな時でも解熱剤が心配なく服用できるのでしょうか?
そう思っていると危険です。

妊活中に気を付けたい解熱剤の服用

妊活中に気を付けたい解熱剤の服用とは、妊娠している事に気がついてないような妊娠の初期の段階です。
妊娠の初期には、妊娠している事に気が付かないで無理をしてしまったり、妊娠中には避けたいような生活週間をおくってしまっている女性が少なく有りません。

解熱剤の服用もこのようなケースになります。妊娠している事に気がつかない段階で解熱剤や鎮痛剤を常用してしまっているというのが注意が必要になります。

妊娠中の解熱剤の胎児値の影響とは

解熱鎮静剤が胎児に与える影響は少なからずあります。
妊娠の期間中に長期に亘り母親が「パラセタモール」や「タイレノール」などのべ熱鎮静剤を服用していると、胎児が男の子である場合には将来不妊のなる可能性があると判明しています。

この胎児に影響を与えると言われている「パラセタモール」や「タイレノール」は、今までは「妊娠期間中でも安心の解熱鎮静剤」と言われていた成分でした。
また一方でエジンバラ大学の研究者は、薬に含まれる有効成分の「アセトフェミン」がテストステロンの生成に影響を与え、テストステロンが減少すると言われています。
特に子宮内のテストステロンが減少すると、男の子の場合には「不妊症」「停留精巣」「精巣腫瘍」になるリスクが高くなるとの事です。


スポンサードリンク


妊娠初期の段階での解熱鎮静剤の服用

解熱剤が胎児に影響を与えるという事は、研究結果でも明らかですが、決して服用してはいけないという訳では有りません。
妊娠の初期の段階で体調を崩してしまい、発熱をしたような際には医師に相談をして処方をしてもらうようにしましょう。

妊娠の初期の段階で発熱の状態が続いた方が胎児に悪影響になる可能性もあります。

まずは体調管理をしっかりと行い、健康体を維持する事が重要な妊活になります。
健康を維持して妊活を成功させましょう。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ