すべての妊活女性が春先に注意すること!【季節の妊活】

この記事を読むには約2 分かかります。

妊活女性は春に要注意

春には冷え性に要注意

春先は体が冷える時期

妊活中の女性は春先こそ要注意です。「足」「腰」が冷えやすい時期です。
「暖かくなってくる春先に何故?」ともう方も多いと思いますが、天候が良くなってくると、暖かいブーツをパンプスに履き替え、タイツをストッキングに履き替えます。まだ少し肌寒いかなという時期でも「おしゃれは我慢から」と我慢してしまいます。
あまり我慢をしてしまうと、体が冷えてしまいます。


スポンサードリンク


寒暖の際に対応できるアイテムを常備する

春先には厚手のダウンよりも、薄手のニットやシャツを着たくなる時期ですが、春先は昼間と夜間の温度差が大きくなりますので、ストール等の温度調整ができるアイテムを用意しておきましょう。
特に首を冷やしてしまうと、体全体が冷えてしまい、肩こりや腰痛等の原因にもなりますし、妊活にとってはマイナスな事ばかりです。逆に首をしっかりと温めると、血流の流れが良くなり、手先や足先まで暖かくなります。

薄着をしても、見えない位置にホッカイロを貼るなどして冷えないようにして下さい。家にいる時には靴下やレッグウォーマーなどを履いて足先を温めるようにしましょう。

半身浴で冷え性対策

体か冷えやすい春先には半身浴で冷え性対策をお勧めします。

ぬるめのお湯(37〜39℃)に20〜30分浸かり阪神よくをしましょう、阪神よくはみぞおちの下をお湯に浸けて下半身の血流を促進して、体の代謝を高める入浴方法です。
寒い時期には方まで浸かるよりも阪神よくの方が効果的と言われています。

冬にはしっかりと防寒対策や冷え性対策をする女性が多きのですが、春先こそしっかりと冷え性対策をしておきましょう。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ