妊活男性は必見!【精子の質】を低下させる食べ物

この記事を読むには約3 分かかります。

妊活中のカップルは要注意【精子の質】を低下させる食べ物

精子の質を低下させる食べ物

妊活中に男性が避けるべき食べ物を大公開!

男性の精子の質を低下させる食べ物とは

不妊に悩むカップルは年々増加していると言われています。
その不妊に悩むカップルの中で、男性に原因がある不妊のケースが多くなっています。
実に10人に1人が男性が精子に何らかの問題を抱えているというデータもあります。

精子の質を低下させる食べ物

男性の精子の質を低下させる原因は様々ありますが、日常的に食べている食事が原因になっている事が少なくありません。
やはり、毎日摂取している食べ物の影響は非常に大きな物となります。
そこで、男性の精子の質を低下させると言われている食べ物をご紹介します。

    男性の精子の質を低下させる食べ物

  • 加工肉食品
  • 脂肪分が多い乳製品
  • オーガニックで無い野菜、果物
  • アルコール
  • 炭酸飲料

加工肉食品

ソーセージやベーコンなどの加工肉食品は食べ過ぎには要注意です。
バーバード大学の研究では、ソーセージやベーコンと言った加工肉食品を多く摂取する男性は加工肉食品をあまり摂取しない男性に比べて23%も精子の数が少なかったと言う報告があります。
加工されていない普通の肉ではそのような事はなかったので、加工をする段階で精子にとって有害な物質が生まれているということです。

脂肪分の多い乳製品

脂肪分の多い乳製品も要注意の食べ物です。
2013年に行われた『Human Reproduction』の研究によれば、1日に少なくとも2品乳製品を食べる若い男性は(特にチーズや成分無調整牛乳)では精子の運動性が低くなる傾向が確認されたそうです。
全ての乳製品がNGという訳では無く、乳脂肪分が1〜2%の低脂肪乳を毎日摂取している男性は、低脂肪乳をほとんど摂取していない男性に比べて33%も精子の数が多くて、運動性も高いという研究結果も報告されています。

オーガニックでは無い野菜や果物

オーガニックでは無い野菜や果物も要注意のようです。
「American Society for Reproductive Medicine」の年次会議で発表された研究によれば、野菜や果物を通して残留農薬を多く摂取していた男性は、残留農薬をほとんど摂取していない男性に比べ64%も精子の数が少なく、また、70%も精子の運動率が低かったとの報告がありました。
このような事は、急激には現れなくても、徐々に蓄積していくものです。長期的にダメージがあるのでしょう。

アルコール飲料

アルコールも精子には悪影響を与えます。
アルコールは精子の運動率に悪影響を与えます。大量にアルコールを摂取することで体全体を酸化させて、男性の生殖器にもダメージを与えているのです。
お酒は、ストレス解消の為に無くてなならないという男性も少なくありません。
しかし、過剰に摂取するのでは無く、適度に嗜む程度にして下さい。

炭酸飲料

意外な事に「炭酸飲料」も飲み過ぎには注意が必要です。
日常的に炭酸飲料を飲んでいた男性は精子の運動率に低下が見られるそうです。日常的に飲んでいるというのは、1日に1缶位の量です。
炭酸飲料に限りませんが、特に砂糖を多く含んでいる清涼飲料水を多く摂取する男性にこのような傾向が見られます。
糖分の高い飲料を飲むことで、体内が高インシュリン状態になり参加のストレスから、精子の室に悪影響を与えるものと考えたれています。
飲むのであれば糖分の入っていない飲み物を選ぶようにして下さい。

日頃から自分自身の食習慣を気を付けてみる事によって、妊活がスムースに進むケースもあります。
一度試して下さい。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ