夏の妊活のポイント、注意点【季節の妊活】

この記事を読むには約7 分かかります。

夏の妊活のポイント、注意点をご紹介
夏の妊活

夏の妊活のポイントは、健康な体を維持するということが重要になります。
暑いからと言って、冷たい食べ物や冷たい飲み物ばかりをとっていると妊活にとっては悪影響です!

夏こそ、しっかりとした食習慣と生活習慣を整えて妊娠できる体作りをしましょう。
しかし、妊活のためにと意気込んでいては、それが逆にストレスになってしまっては困ります。
暑い夏に無理なくできる妊活のポイントをまとめました。是非参考にして下さい。

夏の妊活のポイント

無理なく取り組める【夏の妊活のポイント】のご紹介です。

夏の妊活の食生活

暑い夏だからこそ【温かい飲み物】を積極的に飲みましょう。
暑いからと言って冷たい飲み物ばかり飲んでいると体の内側から冷えてしまいます。特に冷房の効いた室内で冷たい物を飲むと体が芯から冷えてしまいます。
冷え性体質にならないように、カフェなどでは温かい飲み物を選ぶようにして下さい。

夏野菜で賢く葉酸を摂取しましょう。
葉酸は妊娠を考えている段階から積極的に摂取するようにしましょう。夏のスタミナ食の「うなぎ」や夏野菜の定番の「枝豆」「アスパラガス」「モロヘイヤ」にも多く含まれています。

イソフラボンを摂取しましょう。
大豆に多く含まれているイソフラボンには、女性ホルモンの成分「エストロゲン」に似た働きをする成分が多く含まれています。その成分が女性の美容や健康を手助ける役割を果たしています。
特におすすめの食材は、「納豆」です。納豆には【イソフラボン】の他に【葉酸】も含まれていますので、妊活中の女性には本当におすすめの食品です。

夏の妊活の生活習慣

夏こそお風呂でしっかりと体を温めましょう。
夏は暑いので、どうしてもシャワーで済ませがちですが、疲れを取るには温浴が効果的!週に1回でもいいので、しっかりと温浴をしましょう。

適度な運動で妊娠しやすい体作りを!
激しい運動ではなく、ストレスにならない程度の軽い運動が必要です。暑い日には、室内でできる「ヨガ」や「ストレッチ」がおすすめです。夕方になり日が落ちてきたら屋外でウォーキングなどもおすすめです。
気温や体調に応じて調整をしながら積極的に体を動かすようにしましょう。

快適な睡眠を取ることも重要
暑くて寝苦しい夏の夜ですが、できるだけ快適に睡眠を取りたいものです、寝不足では妊活にも悪影響になります。
しかし、冷房をつけっぱなしで寝ると体を冷やしてしまいますし、電気代も心配です。そこで、冷房のタイマー機能を上手に活用したり、全風機を併用したりと工夫をして快適な睡眠を取るようにして下さい。

夏の男性の妊活

精子の運動を意識する
精子の質を左右する亜鉛が多く含まれているレバーや牡蠣は、男性が夏に摂りたい栄養素。夏野菜の王様、トマトに含まれるリコピンには精子の運動率を改善する働きがあることも分かっています。

暑さと群れに注意が必要
精子は熱にめっぽう弱いため、普段の温浴での長湯やサウナは極力控えたほうがよさそうです。また、股間の通気性を意識した下着を着用するなど、熱がこもらないような工夫もおすすめです。間違っても夏の公園のベンチに座り膝上でノートパソコンを広げるようなことはなさらぬよう!

妊活と日焼けの関係

妊活中に日焼けは大丈夫?

妊活中に日焼けをしても大丈夫なの?と疑問に思う方もい少なくありません。
妊活中でも、海やリゾートに行って日焼けをしてしまうこともあります。

妊活中に大量に紫外線を浴びる事は妊活に影響な無いのかと心配になりますよね。
ここでは、妊活と紫外線(日焼け)の関係をご紹介します。

妊活と日焼け(紫外線)の関係

まずは、日焼けのメカニズムをご紹介致します。

日焼けをするメカニズム

日焼けは医学用語では「日光皮膚炎」という症状のことを言います。簡単に言うと太陽光による「やけど」なのです。太陽光の中の紫外線が皮膚を刺激して起こる炎症作用です。
つまりは、日焼けをしていて健康的に見えるても、肌にとっては、けっして健康的な状態ではありません。
日焼けは肌の細胞が傷ついてできる状態なのです。

妊活と日焼けの関係

日焼けのメカニズムは、理解してもらえたと思います。
日焼けは、肌がやけどをしている状態ですので、お肌にはあまりいい状態ではありませんが、妊活に影響が出るということはありません。
しかし、妊活.comでは、妊活中の日焼けをあまりおすすめいていません。
なぜ、妊活中の日焼けをおすすめしていないかと言いますと・・・

妊活中の日焼けおすすめしない理由

妊活中には日焼けはできれば避けましょう。
妊活中に日焼けをおすすめしない理由は下記のようになります。

妊娠した時の初期症状に気が付きにくくなる

妊活をしているということは、当然、妊娠を目的としているはずです。
妊娠をすると、妊娠の初期症状が起こるケースがあります。その初期症状で妊娠していると気がつく女性も多くいます。
その初期症状と、日焼けによる体のほてりが区別が付かないケースがあるからです。

妊娠初期には、できるだけ早く妊娠に気がついて安静にしてもらいたい時期なのですが、妊娠に気が付かないでいるというケースは避けたいです。

妊娠中のお肌のトラブルを加速させる

妊娠をすると、多くの女性がお肌のトラブルに悩みます。これは、妊娠をすることによって、体内のホルモンバランスが崩れて、肌の状態がわるくなる事が原因です。
日焼けをしていると、普段は綺麗に小麦色になる方も、シミのような状態になる事もあります。妊娠をしてホルモンのバランスが変化しますので、日焼けをしている事がお肌にとっては。リスクになります。

日焼けは出産してから子供と一緒に!

日焼けをすることは、出産をして子供が外で遊ぶようになれば、嫌でもします。
妊活中くらいは日焼けを我慢しませんか?

妊活中の紫外線対策

妊活中のUV対策
妊活中の紫外線の対策のご紹介を致します。
日焼けは健康的なイメージがありますが、紫外線の影響は妊活にとってはプラスになることはありません。
できれば、妊活中には紫外線は避けるようにしたほうが良いでしょう。

妊活中の紫外線の影響

妊活中の紫外線を多く浴びてしまうと、影響があるの?という質問に対しての回答ですが、直接の影響はありません。
安心して下さい。しかし直接の影響が無いからといって、日焼けサロンのようなところで、無理に体を焼くという行為は避けましょう。
妊活には直接の影響がなくても、関節的な影響はあります。

そもそも、日焼けとは「日光皮膚炎」という症状のやけどなのです。紫外線の影響で皮膚が炎症をしている状態ですので、その治癒に体のエネルギーを使用してしまうのです。
その分、妊活のために使う栄養素や、エネルギーが使われてしまいますので、デメリットになることは多くてもメリットになるような事はありません。

妊活中の日焼け(UV)対策

妊活中には、妊活中に日焼けは大丈夫?でもご説明しているように、妊活中には、日焼けはおすすめしていません。
妊活中の日焼けはデメリットは合っても、メリットはありません。ですから妊活.comでは、妊活中の日焼けはできるだけ控えるようにお願いをしています。

ではm妊活中に、簡単にできる妊活中の日焼け対策を紹介します。参考にして下さい。

妊活中の日焼け対策

妊活中に簡単にできる日焼け対策をご紹介致します。

日傘を使う

日差しの強い日や、時間帯には外出をしないというのが一番なのですが、そんなわけには行きません。
日差しの強い日や、時間帯には、日傘を使うようにしましょう。日傘は、直射日光を避けるには非常に効果的なものです。最近ではとてもかわいい商品も沢山販売されていますので、お気に入りの一本を見つけて下さい。

日焼け止めクリームをしっかりと塗る

外出する際には、どんなに気を付けても日焼けは避けられません。
日焼けは直射日光だけではなく、反射光も影響があるのです。妊活中に使うのであれば、100%オーガニックの商品にこだわりたいものです。
敏感肌の女性や妊活中の女性には、日焼け止めもオーガニックの商品をおすすめします。
日焼け止めのような肌に直接塗るような商品な少なからず、肌から日焼け止めの成分を体内に吸収してしまいます。お肌から体内に吸収されても安心なオーガニックの商品を選んで下さい。
HANAオーガニックは天然100%オーガニックなので安心です。

妊活.comがおすすめしている日焼けでクリームです。100%オーガニックの安心商品です。



HANAオーガニック


敏感肌の女性や妊活中の女性には、日焼け止めもオーガニックの商品をおすすめします。
日焼け止めのような肌に直接塗るような商品な少なからず、肌から日焼け止めの成分を体内に吸収してしまいます。お肌から体内に吸収されても安心なオーガニックの商品を選んで下さい。
HANAオーガニックは天然100%オーガニックなので安心です。



妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ