春の妊活のポイント、注意点【季節の妊活】

この記事を読むには約6 分かかります。

【春の妊活のポイント、注意点をご紹介】

春の妊活

春の妊活の注意点はなんといっても、花粉症対策では無いでしょうか?
妊活中でも花粉症に悩まされている女性は多くいます。
しかし、花粉症を抑えるためのアレルギー薬を服用するのは、妊活中の女性も妊娠中の女性も、授乳中の女性もできれば避けたいと考えている方が少なくありません。

そこで、妊活中の花粉症の対策のポイントをまとめました。
妊活中の女性、男性は是非ご覧下さい。

春の妊活のポイント、注意点

春は妊活の季節です。妊活を始めるにも最適な季節ですので、妊活中の方も、妊活を始める方も是非ご覧下さい。

春は妊活に最適な季節

実は、春は妊活に最適な季節なのです。

寒い冬も終わり、日没の時間が即なり、日を追うごとに暖かくなってくる春先。
待に待った桜の開花もあと少しとなると、ようやく春を実感できるようになります。

春の陽気のせいで、何故か心までウキウキしてしまいます。
実はこのように「ウキウキ」するのにはm春だからなんとなくという訳ではありません。
春に心が「ウキウキ」と楽しい気分になるのは、健康な女性が持つ本能的な働きなのです。

春の気候に合わせて「ウキウキ」や「ほんわか」というような気分になるのは、春には体の自然な働きとして骨盤が開き、生殖器を活発に活動させる準備をしているためなのです。人間の体は、骨盤が開くことで感受性が高まり、心も体も穏やかになります。
人間も動物なので、春は繁殖活動に最適な時期になるのです。

したがって妊活中の女性や婦人科系のトラブルを抱えている方は、メンテナンスをしっかりと行い、妊活に積極的になる最適な時期が「春」なのです。

妊活中の花粉症対策【春の妊活】

妊活中(妊娠中、授乳中)で花粉症の薬(アレルギー薬)を飲みたくない方のための、花粉症対策をご紹介します。
毎年花粉症に悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

妊活中は花粉症の市販薬は避ける

妊活中には花粉症の市販薬はできるだけ避けるようにして下さい。どうしても辛く我慢ができない時には、専門医で、薬を処方してもらいましょう。
専門医で薬を処方してもらう際には、必ず妊活中である事を伝えるようにして下さい。妊娠中の場合にも申告が必要になります。
市販薬と処方薬は成分が違うものが多くあります。絶対に自己判断はやめて下さい。特に妊活中、妊娠中の女性は注意が必要にまります。

また、点眼薬は大丈夫と思っている方も少なくありません。
しかし、実は点鼻薬もできれば市販の薬は使わないほうが無難です。点鼻薬は局地治療薬ですので、妊活中の女性、妊娠中の女性や胎児に影響が少ないと言われていますが、一部の点鼻薬には全身に吸収される成分のものもありますので、注意が必要になります。
使用する際には、必ず専門医に相談をして下さい。

薬を使わない妊活中の花粉症の対策

花粉症の薬を使わないのに、どうやって花粉症の対策をするの?と思う方もいると思います。
花粉症の薬のようにすぐに効果はデないかもしれませんが、日頃からできる予防対策をご紹介しまうす。
日頃から気をつける事で、花粉症の症状の緩和ができますので、頑張って下さい。

花粉に触れない

当たり前のことですが、花粉との接触を出来るだけしないということが一番です。花粉の多い日にはできるだけ外出は避けることや、外出をするときには、マスクやメガネ、防止などで予防をしてください。また、帰ってきたら玄関に入る前に、衣服についた花粉を払いましょう。

掃除は念入りに行う

花粉の飛散の多い時間帯(11時〜14時)を避けて掃除を念入りに行なってください。朝一番の掃除が効果的のようです。

自分にあった治療薬を選ぶ

ハーブティーやアロマや漢方など、体にやさしい治療方法を試してください。専門家に相談をするほうが安心です。
ハーブティーや漢方の中には妊活中の女性は避けたほうが良いのものあります。

花粉症は本当にステレスがたまってしまいます。妊活中の女性にはストレスは大敵です。ストレスを溜めないように体にやさしいい花粉対策をしましょう。

妊活中の花粉症シーズンの乗り切り方

日頃の花粉症の予防対策を行うだけでも、花粉症雨の症状の緩和はだいぶ出来ると思います。
しかし、毎年花粉症に苦しめられている方は、「花粉症のくすりが無いなんて、春を乗り越えられない!」と思ってしまいますよね。

確かに、花粉症で辛い思いをしてストレスを貯めるより、薬を飲んだほうが良いという方も少なくありません。
しかし、妊活中の方、や妊娠中、授乳中の方は、花粉症の薬(抗アレルギー剤)は使って欲しくはありません。

花粉症の薬やアレルギー鼻炎の薬の抗アレルギー剤の成分には下記の様な成分が入っている事があります。

    メキタジン

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないことが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない
  • 授乳婦に投与する場合には授乳を中止させる[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている

花粉症の薬は、第2類薬品なので、薬局等で手軽に購入する事ができますが、妊活中の方は、専門医に相談をするようにして下さい。
特に不妊治療中の方は、かかりつけ医への相談を忘れないようにしましょう。

かかりつけ医に妊活中ということを伝える

花粉症と診断されれば、呼ぶや症状の治療のために、医者から薬が処方されると思います。
しかし、妊活中の方は「妊活中で花粉症の薬を飲んで影響が出ない?」と心配になりますよね。
そんな訳で、今回は妊活中の花粉症対策をご紹介します。

花粉症と診断されたら

花粉症と診断されると、専門医から点眼薬や内服薬を処方されます。妊娠準備中にかかりつけ医に花粉症処方箋の副作用を確認すると、「妊娠するまでは、飲んでいても大丈夫だよ」と言われるケースが多いようです。
多くの専門医は、妊娠検査薬でチェックする頃までは花粉症の薬は赤ちゃんに影響を与えることが少なく、妊娠発覚とともに、服用をやめるようにとアドバイスされるようです。

花粉症と言っても、症状には個人差がありますので、出される薬も違います。自分の体にあった診断をしてもらえるように、医師に相談をしましょう。妊活中ということを相談しておけば、妊娠希望の方向けの処方箋に切り替えてくれることもありますよ。

妊活中ということを専門医に伝えることで「安心感」が得られます。様々な情報があふれている現在では、身近な専門家の意見を聞けるというのは、非常に安心できます。
妊活中であることをかかりつけ医に話すことは、決して恥ずかしいことではありませんよ。

花粉症は排毒期の期間

花粉症は東洋の医学の考え方では、体にたまった毒素を体外に排出しようとしている期間を捉えられています。
春先には、肝臓が最も盛んに働きます。肝臓は体内の毒素をフィルターにかけて溜めることができる器官です。花粉症の時期には、身体に溜まった毒素を排出しようとして花粉症の症状として出ています。
って考えると楽になりませんか?

花粉症の時期に妊娠したら

体調が良く、好きな季節にんん新することが多いとはいいますが、花粉症の季節に妊娠することも、当然あります。
そんな時には、かかりつけ医に相談をして、花粉症をのりこえて下さい。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ