母親の遺伝子を提供卵子に移植が可能に!

この記事を読むには約1 分かかります。

母親の遺伝子を提供卵子に移植が可能に!

アメリカのオレゴン州のソーク研究所では、新たな不妊治療の技術を開発しているのですが、その研究チームは、第三者から提供された卵子を母親の遺伝子物質を引き継ぐ卵子へ再生する方法を発見したと発表しました。

母親の卵母細胞が持っている遺伝子を提供卵子へ移植する事ができるようになると、母親の遺伝子が伝達可能になるということです。

不妊治療に光を見つける事ができた発見

研究チームの発表によると、臨床試験の実施には、まだまだ時間を要するとのことだが、母親の極体を使用して提供卵子へ母親の遺伝子を提供ができる可能性は極めて高いとのことです。
また、極体の移植が可能になると、体外受精において使用する事ができる卵子の数が置くなって、妊娠する可能性が非常に高くなるのです。

この技術が可能になると、不妊治療の技術は飛躍的に向上します。母親の年齢に左右される事が少なくなるので、女性の出産の年齢は高まると見込まれている。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ