男性にも高齢出産のリスクがある!

この記事を読むには約3 分かかります。

男性も要注意!【高齢出産のリスク】

高齢男性

男性にも高齢出産のリスクがあります!

男性にもリスクがある高齢出産

高齢出産という言葉を聞くと「35歳以上の女性が出産」する事とイメージする方が大半だと思います。
しかし、実はこの「高齢出産」は女性だけのリスクではありません。
実は、この高齢出産のリスクは男性にもあるのです!
男性の高齢出産とは?一体のどのようなリスクがあるのかをご紹介します。


スポンサードリンク


男性の高齢出産のリスク

男性と高齢出産とは何も関係無いように思う方も少なくありませんが、実は密接な関係があります。
このページでは、男性と高齢出産のリスクの関係をご紹介します。

男性にも高齢出産のリスクはあるの?

そもそも本当に男性に高齢出産のリスク張るのでしょうか?
これに対しては、確かに男性の高齢出産のリスクは存在します。
女性ほど大きなリスクとは言えませんが、男性にも高齢出産のリスクは存在します。
特に、妊活の情報誌などでも特集されるような事がないので、なかなか知られてい無いのが現実です。

男性の高齢出産は何歳から?

男性の高齢出産は何歳から高齢出産となるのでしょうか?
女性は35歳以上になると高齢出産と言われていますが、男性は何歳から高齢出産になるのでしょうか?
実は、男性も女性と同じに35歳以上になると高齢出産になります。
独協医大越谷病院泌尿器科が独自でおこなった精子能力調査では、35歳未満の男性の精子では約7割に活性化の能力があったのに対して35〜39歳では62%に減少、更に40〜44歳では52%、45〜49歳では39%となります。

男性の精子の活性化能力とは?

男性の精子の活性化能力とはいったい?
精子の活性化能力とは卵子に受精をした時に確実に受精卵になる機能のことです。
つまり、男性の精子も加齢によって受精卵になる能力が減少していくのです。

男性の高齢出産のリスクとは?

男性の高齢出産のリスクとは何があるの?
女性の高齢出産のリスクの代表例は、染色体異常です。つまり、ダウン症児が生まれる可能性が高くなるということです。
それに対して男性の高齢出産のリスクは躁鬱状態になる可能性が高くなるというものです。
また、アメリカのマウントサイナイ医科大学の研究では40歳以上の男性は、30歳以下の男性と比べて、自閉症の子供が生まれる可能性が約6倍も高くなるという研究結果もあります。


スポンサードリンク


精子の状態を若く保つ方法は?

精子を若く保つ方法とは?
精子を若く保つ方法は、基本的には生活習慣を正すということです。規則正い生活を行うのが、今からできる精子を若く保つ確実な方法です。
男性の高齢出産のリスクについては、まだまだ研究が進んでいないので、性格な情報を収集するのが難しい分野かもしれません。
不安な場合には専門医に相談をするようにしましょう。

男性の高齢出産について

高齢出産のリスクはあくまでもリスクということです。リスクですので、可能性の話になります。35歳以上だから必ず危険と言うわけではありません。
35歳以上の場合にはこのようなリスクの可能性もあるという知識を持っておくことがまずは重要になります。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

女性におすすめの商品広告



このページの先頭へ