着床前診断の必要性【妊活ニュース】

この記事を読むには約2 分かかります。

着床前診断って何?

着床前診断

着床前診断って本当に必要なの?

着床前診断とは

着床前診断とは、「受精卵の遺伝子や染色体を解析して、染色体や遺伝子に異常がないかを調べる医療技術」のことです。
着床前診断は、流産を予防したり、体外受精の妊娠率を高める事ができますので、不妊治療にも役に立ちます。
また、検査の家庭で染色体を検査しますので、妊娠前(着床前)に赤ちゃんの性別まで分かってしまうそうです。

一般的には知られていないかも知れませんが、着床前診断の歴史は、実は古く、1990年に最初の出産の例が報告されているそうです。それ以降は、世界中で役10,000人以上の元気な赤ちゃんが着床前診断を受けて産まれて来ています。

着床前診断が何故ここまで多くの出産に繋がっているのかというと、不妊の原因の一つには、華麗による卵子の劣化の影響から染色体の異常があり、異常のある染色体は着床しなかったり、着床しても、流産になってしまうケースが多くあります。
しかし、着床前診断では、染色体の異常がない受精卵のみを子宮に戻しますので、結果的に流産の確率が下がり、妊娠率が向上するのです、したがって若いときと同じに問題がない卵子を使い着床させる事ができるのです。

アメリカの研修結果では、着床率が28%から61%にまで上昇したという報告があります。

現在の日本では、「日本産婦人科学会が定めたガイドライン」により、重篤な遺伝性疾患を持つ方等の限られた方しか、着床前診断を受ける事はできません。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ