男性不妊の原因【膿性液症】とは

この記事を読むには約2 分かかります。

男性の不妊症の原因【膿性液症】とは

男性不妊の原因膿性液症

以外に身近な不妊症の原因の膿精液症

男性不妊の原因の膿性液症とは

男性の不妊症の原因として実は多い原因の一つに「膿精液症」という症状があります。
膿精液症とは一体どのような症状でどのような事が原因になっているのでしょうか。男性の不妊んお原因としては以外に身近なものですので、少しでも気にあんる場合には病院で検査をして下さい。

男性不妊の原因の膿精液症とは

男性不妊の原因の膿精液症とは、細菌感染によって発症する身近な病気です。女性にとってはなかなか聞きなれない病気ですが、実は男性不妊の原因としては多いものです。
女性が不妊治療を行っていてもなかなか妊娠しないという場合には、もしかしたら男性が膿性液症の可能性があります。

膿性液症が男性不妊となる原因

膿性液症が男性不妊の原因となるのは、精液内に白血球が増える事にあります。
精液内に白血球が増えると精子の運動率が低下してしまします。受精が困難になる程、運動率が低下するケースもあります。
また、無精子症のリスクも高くなります。
男性の不妊の原因となりますので、しっかりと完治させる事が重要です。

膿性液症の症状

膿性液症の症状は精液が黄色く変色する症状が出ます。これは、精液1ml中に10万以上の白血球があるとこのような変色の症状が発症します。この場合には膿性液症と診断されます。
また、排尿時に痛みを伴ったりする場合にも膿性液症を疑って下さい。

膿性液症の原因

膿性液症の原因は生殖器内に細菌が侵入する事が原因です。
大腸菌やクラミジアといった細菌が精嚢や前立腺といった性路で炎症を起こしてしまい、増加した白血球が精液へ混じってしまう事が原因となります。

クラミジアが原因となっている場合には、性交によって感染しますので、パートナーも感染していると疑ったほうがいいかもしれません。

膿性液症の治療方法

膿性液症の治療方法は薬物療法が一般的です。
感染症は自然治癒をしてしまう方も多いでのですが、正路全体が炎症の症状を発症している場合には、完治までに非常に長時間を要しますので、薬を服用して治療をする事をオススメいたします。
病院を受診して、薬物治療で完治をさせましょう。抗生物質を1〜2週間服用する事になると思います。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ