赤ちゃんへのアレルギーの遺伝

この記事を読むには約5 分かかります。

赤ちゃんへのアレルギーの遺伝は?

アレルギーの遺伝

花粉症は赤ちゃんに遺伝するの?

赤ちゃんへのアレルギーの遺伝とは

妊活中の女性で花粉症の方は実に多くいます。
花粉症でなくても、なんらかのアレルギーを持っているという女性は、妊活している方の大部分にもなると思います。
そのような妊活女性が心配しているのが、妊娠をしたら、「赤ちゃんにもアレルギーが遺伝してしまうのではないか?」ということです。


スポンサードリンク


アレルギーは遺伝する?

妊活中、妊娠中に気になることの一つに、赤ちゃんへのアレルギーの遺伝があります。
花粉症やアレルギーを持っている女性は決して少なくありませんので、気になって当然のことかと思いますが、結論から言いますと、「アレルギーは遺伝します。」
しかし、安心して下さい。100%遺伝するという訳ではありません。アレルギーは優性遺伝なので、遺伝する可能性があるという事です。

ママが、花粉症などのアレルギー体質でも、赤ちゃんがアレルギー体質になる原因の一つに過ぎないと言う事です。

優性遺伝(ゆうせいいでん)とは?

さて、優性遺伝(ゆうせいいでん)とは一体どのようなことなのでしょう?
優性遺伝(ゆうせいいでん)とは、遺伝する可能性非常に高い遺伝子です。
例えば、父親の目が一重で、母親の目が二重の場合には、赤ちゃんは二重になる可能性が高いと言われています。止まり、二重の遺伝子の方が優性遺伝子なのです。
ここで勘違いしてはいけないのが、優性遺伝子という名前なので、「優秀な遺伝子」思っている方が多くいます。優秀な遺伝子ではなく、遺伝しやすい遺伝子という意味です。
また、遺伝しにくい遺伝子を「劣勢遺伝子」と呼んでいます。

アレルギーに関係する遺伝子は、優性遺伝子になるので、遺伝をしやすい遺伝子になります。

親のアレルギーが赤ちゃんにどのように遺伝するのか?

母親がアレルギーを持っている場合と、父親がアレルギーを持っている場合とでご説明をします。

女性がアレルギー体質の場合は?

「ママがアレルギーを保持していると、赤ちゃんにはどのくらいの確率でアレルギーが遺伝するの?」という質問も多くあります。
母体がアレルギーを持っていると、赤ちゃんにアレルギーが遺伝する確率は役30%といわれています。
この30%を高いと感じるか、低いと感じるかは、人それぞれですが、10人に3人は遺伝をするという事になります。

しかし、あくまでも確率の問題ですので、確実に遺伝するという訳ではありません。

アレルギーを持っている妊活女性の心構

妊活中、妊娠中の女性は自分にアレルギーがあると、子供にもアレルギーが遺伝してしまうのではないかと心配をします。
しかし、遺伝の問題は自分ではどうすることもできませんので、前向きに考える事が重要です。
心配をしてしまってストレスを溜めるようなことは、余計にアレルギーの症状を悪化させる可能性もあります。
まずは、自分自信の健康とアレルギーの悪化を予防する事が優先です。

男性がアレルギー体質の場合は?

父親がアレルギー体質の場合には、やはり遺伝する可能性があります。
ただし、母親がアレルギー体質でない場合には、遺伝する可能性が低くなるそうです。

アレルギーを持っている妊活男性の心構え

妊活中の男性も女性同様に赤ちゃんにアレルギーが遺伝したらどうしようと心配をすると思います。
しかし、遺伝するかしないかは、生まれて育ててみないとわかりません。
将来の心配よりも、今できることをやりましょう。
妊活中の男性ができることは、部屋のホコリやカビの掃除をしたり、アレルギー症状が出ないように、アレルゲンを除去する事が重要です。
お部屋の掃除などを積極的に手伝うようにしましょう。ホコリやカビは、アレルギーの大敵です。

両親共にアレルギーの場合

両親が揃ってアレルギー体質の場合には、赤ちゃんにアレルギーが遺伝する可能性がさらに高くなります。
一般的には、両親がアレルギーの場合に赤ちゃんへのアレルギーの遺伝は50%以上と言われています。
50%というと高く感じますよね。

[ad3ad-2]

アレルギーを持っている両親の心構え

両親がアレルギーの場合には、アレルギーの辛さをよくわかっていますので、本当に心配になることでしょう。
しかし、両親ともにアレルギーでも、赤ちゃんに遺伝しない場合は多くあります。
たとえアレルギーを持っていたとしても、しっかりとフォローをしてあげれば、問題はありません。
最初から自分たちのパターンに当てはめずに、赤ちゃんの様子をしっかりと確認して観察する事が必要です。

両親にアレルギーがなくても安心はできない!

たとえ、両親にアレルギーがなくても、安心はできません。産後の育児環境や食事内容によって遺伝とは関係なく、アレルギー症状が発症するケースもあります。
しかし、遺伝によってアレルギーを発症する可能性は非常に低くなります。

アレルギーに負けない健康的な妊娠しやすい体を作るサプリ

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ