赤ワインが不妊を予防する?

この記事を読むには約1 分かかります。

赤ワインの不妊効果

赤ワインの不妊予防効果

赤ワインが不妊を予防をする効果があるのです。

赤ワインに含まれている、天然化合物「レスベラトロール(スチルベノイドポリフェノールの一種)」には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療に効果的であると判明した。
赤ワインの原料となっている「ぶどうの皮」にこの成分がはいっているそうです。


スポンサードリンク


多嚢胞性卵巣症候群になると、男性ホルモンの「テストステロン」や「アンドロゲン」の数値が高くなってしまい、月経周期が乱れてしまったり、無月経の症状になったり、体重の増加、不妊症が引き起こされリスクがあります。

レスベラトロールの効果とは

レスベラトロールには、ホルモンバランスを整える効果が期待できるのだそうです。またエストロゲンの数値を正常に戻す効果もあるのです。

レスベラトロールは、ポリフェノールなどの仲間で、抗炎症作もあるそうです。また、女性ホルモンのホルモンバランスを整える事に効果的なのだそうです。

妊活中の女性にとっては女性ホルモンのホルモンバランスを整えるとういう事は非常に重要な事になります。
妊活中の女性は、お酒を飲む時には、是非赤ワインを飲むようにしてはいかがでしょうか?

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ