農薬が男性不妊の与える影響!

この記事を読むには約2 分かかります。

農薬が男性不妊に影響がある!

農薬と男性不妊の関係

農薬と男性不妊の意外な関係とは

農薬が男性不妊に与える影響とは

農薬が男性不妊の影響を与えるという研究結果があります。
ハーバード大学の講習栄養生大学院などの科学者の研究では、農薬によって男性の生殖能機能が受ける影響について調査研究を実施した結果、農薬の残余量が制しの現象、精子の異常の原因に起因するという事がわかりました。
つまり、農薬の残余量が高い野菜や果物を食べると、精子の量が減少してかつ、精子の質が低下してしまうという事になります。

農薬が精子に与える影響

農薬が精子に与える影響を研究した調査は、2007年〜2012年の間に、18歳〜55歳まで、自分の卵子や精子にて不妊治療を予定しているカップルのうちの男性155人を対象に行われた18ヶ月以上の期間の調査です。
調査対象の男性より採取した精子を精子運動解析システムで解析した結果、農薬の残余量が高い野菜や果物の摂取量が1日に1、5人前以上の男性は、摂取量が少ない男性に比べると精子の量が49%少ない事が判明した。
また、正常な形状の精子は32%少なかったという研究結果になったそうです。

一派では、農薬の残余量が少ない野菜や果物を食べていた男性は精子の異常携帯は少なく、正常の精子が圧倒的に多かったそうです。
研究チームのリーダーでもある助教授ジョージ・チャバロ(Jorge Chavarro)博士は、完全な因果関係は立証できていないが、農薬の残余量が低い野菜や果物を選ぶ事を推奨すると述べています。

野菜や果物はオーガニックを

農薬の残余量が多いと様々なリスクがあるようですね。
やはり、妊活中にはオーガニックの物を選ぶようにするのがいいようです。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ