40代の妊活

この記事を読むには約3 分かかります。

高齢出産

40代の女性の妊活

40代の妊活について

現在の40さい前後のアラフォー女性は非常にきれいで健康的な方が多くいます。しかし、外見はきれいでも、体の中、特に子宮や卵子は確実に劣化をしています。これは仕方のない事なのです。妊娠の基本ともなる「女性ホルモン」「子宮」「卵巣」の働きは、30歳後半から低下を始め、40代になるとまた急激に下降してしまいます。
しかし、最近では、30代後半の有名人の高齢出産のニュースも聞くように、今時では40代での出産は決して珍しくないと思っている方も多いのではないでしょうか?
現在の日本では高齢出産となる35歳以上で出産している女性は役5人に1人の割合でいます、40代で出産をする女性も増えてはいます。しかし、その多くの方は「自然妊娠」ではなく「高度不妊治療」による妊娠、出産なのです。


スポンサードリンク


妊娠の確率が高いのは35歳まで

妊娠の確率が高いのは35歳まで、40歳以降ではかなりダウンしてしまいます。
卵子の数を見ても、20代に20〜30万個だったものが、30代後半から減少して、40代には数千個になります。また卵子の数だけではなく、質も低下します。
排卵や妊娠にかかせないエストロゲン値も、35歳を境に減少し、40代ではさらに減少が進み、50代前半では、閉経を迎えます。これは女性であれば、ごく自然な体の変化なのです。

したがって、妊娠力が高いのは、35歳までで、それ以降は妊娠力はあるが、徐々に低下してくと考えて下さい。

生活習慣も影響をしている

妊娠力と年齢は確かに密接な関係にありますが、若いから妊娠するとはかぎりません。
30代前半でも40代の女性のような卵巣の機能の状態になってしまっている女性もいますし、40代でも30代の様な若い卵巣機能の女性もいます。
これは、生活習慣が大きく関係しています。食事や睡眠、運動、メンタルケア等で女性の体は変わります。喫煙や過激なダイエットなどは、妊娠力をダウンさせる原因になります。
女性ホルモンのバランスを整え、規則正しい生活習慣を送る事が重要です。

高齢出産は気を使う事が多く通常に妊活よりも辛くなってしまうかも知れませんが、信じていればきっと結果に繋がります。
実際に40代以上の女性も妊活を行って、妊娠して元気な赤ちゃんを出産したなんてケースも多々あります。
たとえ高齢だからといっても諦める必要なんて決してありません。きちんとした知識をもとに妊活を行えば、妊娠する事は十分に可能なのです。

しかし、40代以上になると、出差した後の子育てが非常に大変になるなんて事を良く聞きますので、十分に体力をつけて妊活に望むようにしましょう。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

スポンサードリンク




妊活.comの妊娠できるメルマガ【妊活通信】

妊活.comがお届けする「妊娠できるメールマガジン」【妊活通信】を是非ご覧下さい。厳選した妊活ニュースをお届けしています。
登録フォーム


サブコンテンツ

このページの先頭へ