「不妊治療用語」タグの記事一覧

黄体化非破裂卵胞(おうたいかひはれつらんぽう)とは

黄体化非破裂卵胞(おうたいかひはれつらんぽう) 黄体化非破裂卵胞(おうたいかひはれつらんぽう)とは、基礎体温が上昇している状態なのだが、実際には卵胞が破裂していない状態のことです。卵子が残っている状態で卵胞が黄体化してし・・・

LHサージとは【妊活用語辞典】

LHサージとは LHサージとは、排卵の直前に応対形成ホルモンが大量に分泌される現象の事です。この応対形成ホルモンがLHと呼ばれています。 通常は多少の個人差はありますが、LHサージから24時間から36時間前後に排卵が起こ・・・

hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)とは【妊活用語辞典】

hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)とは hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)とは、妊娠検査薬で陰性になる成分のことです。卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促す効果があります。 不妊治療においてHCG注射が使われるケースは2通り・・・

胚移植とは【妊活用語辞典】

胚移植とは 胚移植とは、体外受精で行われた受精卵を子宮内に移植して、着床を行い妊娠をできるようにする不妊治療の治療方法の一種です。 受精をした卵子は「胚」と呼ばれるようになり。細胞分裂を初めます。 胚が細胞分裂を始めるよ・・・

採卵とは【妊活、不妊治療用語辞典】

採卵とは 採卵とは、体外受精(IVF)を行う時に、卵巣内から卵子を取り出す不妊治療の療法の一種です。 採卵の方法は、超音波で過程をモニターしながら膣壁から卵巣に針を刺し、卵胞液どと卵を吸収します。 採卵の際には、前日に採・・・

体外受精(IVF)とは【妊活、不妊治療用語辞典】

体外受精(IVF)とは 体外受精(IVF)とは、女性の卵子と男性の精子を取り出し、培養器内で受精させる不妊理療の治療方法です。 体外受精は、両側卵管閉塞や重度の男性不妊症など、一般的な不妊治療の治療法では妊娠は難しいと判・・・

顕微鏡受精(ICSI)イクシーとは【妊活、不妊治療用語辞典】

顕微鏡受精(ICSI)とは 顕微鏡受精(ICSI)とは、イクシーと言い、「卵細胞質内精子注入法」とい治療法になります。 「卵細胞質内精子注入法」とは、顕微鏡下で精子と卵子を受精させる体外受精の方法になります。 顕微鏡受精・・・

HMG(閉経ゴナドトロピン)とは【妊活、不妊治療用語時点】

HMG(閉経ゴナドトロピン)とは HMG(閉経ゴナドトロピン)とは、卵巣を刺激して卵胞を刺激させる薬です。 この薬の事をHMG製剤といいます。HMG製剤の中でも、HMGの中からできるだけLHを取り除き製造されたのもをFS・・・

エストロゲンとは【妊活。不妊理療用語辞典】

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは エストロゲン(卵胞ホルモン)とは、女性を形成するための代表的なホルモンです。 エストロゲンには「卵胞の成熟」「子宮頸管粘膜の分泌」「子宮内膜の増殖」など様々な効果があります。 エストロゲ・・・

インファームフォコンセントとは【妊活、不妊治療療用語】

インファームドコンセントとは インファームドコンセントとは、「説明上の同意」という意味です。 治療方法などを医師が一方的に勝手に決めるのではなく、どのような治療を行っていくのかということや、どの程度のリスクがあるのか?な・・・

1 / 212

サブコンテンツ

このページの先頭へ