妊娠するために重要な卵子の熟成とは【妊娠のメカニズム】

この記事を読むには約2 分かかります。

卵子の熟成について

卵子の熟成の重要性

妊娠の第一段階の「卵子の成熟」のついてのご説明です。
卵子がしっかりと成熟しないと、妊娠はスムーズに行えないものです。
卵子の成熟には、健康な体と正常なホルモンの分泌が必要になります。日頃の生活習慣を整え、健康に気を付け質の良い卵子を作れる体作りを行って下さい。


卵子の成熟について

排卵を待っている卵子が、卵巣の中に蓄えられでいて、卵巣の中で成熟しています。
排卵は赤ちゃんのもとの卵子が卵巣から飛び出る事です。妊娠の本当に始めのステップです。
月経の約2週間前に入らんが起こります。基礎体温を付けている方は、基礎体温が低温から高温になる境目に排卵が起きていますので、参考にして下さい。

卵巣とは、親指くらいの大きさで、左右の子宮に一つずつあります。卵子を貯蔵して、成熟をさせる役割を持っています。
また、子宮はエストロゲンや抗体ホルモンを分泌している非常に重要な部分になります。

子宮に排卵を命令する下垂体とは大きさは小指の頭くらいの小さな器官です。「卵子を成熟させるホルモン」と「卵子を排卵させるホルモン」をぶんぴつしている重要な機関になります。

卵子は卵巣の中で、卵胞と言われる袋の中に入っています。卵巣は下垂体から分泌されるホルモンの指令を受けて卵胞の中で卵子を成熟させます。
卵胞は月経初期には8㎜くらいの多きあです、下垂体から出るホルモンの作用で、卵子は成熟して卵胞は大きくなります。

関連情報

※コンテンツに記載されているサプリメントの効果や情報に関しましては、体感した個人的な感想や当サイトで調べた内容や一般的な内容が記載されています。医療情報や治療の効果などを保証するものではありません。医療情報や治療などに関しましては、必ず専門家や医師の診断を受けるようにしてください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ