35歳からの妊活【排卵前後の「体の温め」が重要】

この記事を読むには約2 分かかります。

排卵前後の体の温めが重要

35歳からの妊活

35歳からの妊活 〜排卵前後の「温め」がポイント〜

女性の妊娠力が高い年齢は25歳〜35歳と言われています。
当然、その年令の期間が、妊娠をしやすい体の状態ですが、35歳以上で妊活を行っている女性も大勢います。
35歳からの妊活のポイントは「排卵後に体を温める」ということです。
どんなに若くても、健康でも、冷えた体では妊娠はしにくいのです、特に35歳からの妊活では、体を温めることがとても大切です。

妊娠の決め手のポイントは「排卵前後の温め」

妊活女性の体が冷えていると、妊娠にとって最も大切な器官の子宮や卵巣の機能が低下してしまいます。子宮が冷えた状態では、排卵が正常に行えなくなります。その結果とし、「排卵障害」なんてことにもなります。
たとえ排卵ができていたとしても、妊娠はしにくくなります。
妊娠の確率を高めるためには、体がしっかりと温まって、子宮の機能が正常に働いている状態で、排卵日の前3日と排卵日の後1日に性交渉をすることと言われています。

常に、体が暖かくなっている状態が理想ですが、排卵前後には特に気をつけてもらいたい期間です。排卵前後にはぜひ、体を温めるようにしましょう。
体が冷えた状態は、排卵だけではなく、着床にも影響をします。冷えた体では、子宮に十分な血液が流れなくなります、そうなると生殖機能にも影響がありますし、着床を妨げる原因ともなります。
冷えは、良いことがありません。冷えた体では妊活をいくら頑張っても良い結果にはなりません。
ぜひ、体を温めるようにして、素敵な妊活ライフを過ごしましょう。

※コンテンツに記載されているサプリメントの効果や情報に関しましては、体感した個人的な感想や当サイトで調べた内容や一般的な内容が記載されています。医療情報や治療の効果などを保証するものではありません。医療情報や治療などに関しましては、必ず専門家や医師の診断を受けるようにしてください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ