妊活中には寝室は真っ暗に!【妊活の睡眠】

この記事を読むには約1 分かかります。

妊活中は寝室は真っ暗に!

妊活と睡眠の関係

妊活中には寝室を真っ暗にして睡眠をして下さい。


スポンサードリンク


妊娠と寝室の明るさの関係をご紹介します。

最新の研究結果から、証明を付けたままの部屋で睡眠をすると、メラトニンの生産に影響があり、女性の生殖能力に影響あるということが分かりました。
妊娠希望の女性は最低でも毎晩8時間以上真っ暗な部屋での睡眠が必要になるようです。
この研究はアメリカのテキサス大学のラッセル・J・ライター教授によって述べられています。

妊活女性におすすめの睡眠方法

睡眠中にはメラトニンというホルモンが分泌されます。そのメラトニンが卵子を酸化から守り、女性の生殖機能を正常に保つ機能があるのです。

脳がメラトニンの分泌を最適にできるように、窓から差し込む光をさえぎり、寝室を暗くして睡眠を取ることが妊活では重要になります。

睡眠をするときには、テレビや照明を消して、寝室を暗くして下さい。また、位周辺環境に身をおくとメラトニンが分泌されやすくなります。

妊娠するために知っておきたい 4つのポイント

妊活マカの選び方妊活葉酸の選び方
妊娠するために効果的なサプリメント妊娠出産にかかるお金

※コンテンツに記載されているサプリメントの効果や情報に関しましては、体感した個人的な感想や当サイトで調べた内容や一般的な内容が記載されています。医療情報や治療の効果などを保証するものではありません。医療情報や治療などに関しましては、必ず専門家や医師の診断を受けるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ